コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神韻説 シンインセツ

3件 の用語解説(神韻説の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんいん‐せつ〔シンヰン‐〕【神韻説】

中国、清代初めの詩人、王子禎の唱えた詩論。詩禅一致の境地を理想とし、平淡なうちに余韻・余情のこもった詩を尊重した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しんいんせつ【神韻説】

中国、清代の詩人、王士禎の唱えた詩論。自然と我とが融け合った境地に生まれる、余韻・余情のこもった詩を最上とする主張。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神韻説
しんいんせつ

中国、清(しん)初の詩人王士禎(おうしてい)が主唱した詩説。この詩説を奉ずる一派を神韻派という。格調説、性霊(せいれい)説に対する。その理論は、唐の司空図(しくうと)の『詩品』および宋(そう)の厳羽(げんう)の『滄浪(そうろう)詩話』の継承である。『滄浪詩話』の詩禅一致の境地を理想とし、その弟子たちに「詩を為(つく)るには先(ま)ず風致より入手し、之(これ)を久しうして平淡に造(いた)るを要す」と教えている。唐詩では王維(おうい)をもっとも尊重して杜甫(とほ)をとらず、宋詩の評価が高い。清初における唐宋詩兼修の傾向の代表格である。彼が神韻の2字を用いたのは早く、揚州時代にその二子に課するために唐の律詩絶句を選んで『神韻集』と名づけたのに始まるという。神韻とは換言すれば「平淡なる風致」という意味である。[佐藤一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の神韻説の言及

【王士禎】より

…この傾向は生涯を通じてほぼ変わることなく,康熙年間の〈一代の正宗〉として詩壇の中心的位置を占めた。 〈神韻説〉とよばれるその詩論は,唐の司空図の〈味の良さとは酸っぱさとか鹹(から)さを超えたところにある〉とか,禅によって詩を論じた南宋の厳羽の〈空中の音,水中の月の如し〉といった比喩を用いて説かれるが,要は限られた言語の中に無限の興趣をかもし出そうとするものである。過去の詩編については,盛唐を最上とみなす点では明の古文辞派と通ずるところがあるが,李夢陽(りぼうよう)らが李白や杜甫の〈豪放・悲慨〉(司空図の評語)に傾くのに対して,彼は《唐賢三昧集》を編んでもっぱら王維や孟浩然らの〈冲淡・清奇〉を尊ぶ。…

【中国文学】より

…宋詩を学ぶべしとの主張者たちは,もっと自由な作詩者であるはずだったが,やはり宋詩の欠点の一つであった知的遊戯,機知の乱用が表現の抒情性をそこなうことがあった。清朝の王士禎が提唱した神韻説はこの両派の論争を正面から反駁するものでなく,作者の内心の平静からすぐれた詩が生まれるとする。彼は古典の模倣を排撃するのでなく,作詩者の心境を第一要件とするのである。…

※「神韻説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

神韻説の関連キーワード瀛奎律髄厳羽司空図詩人玉屑詩論童詩杜詩詩を祭る石川善助木下常太郎

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone