敵/仇(読み)カタキ

デジタル大辞泉の解説

かたき【敵/×仇】

《「かた」は対比するものの片方の意で、本来は相手を広くいう》
勝負や争いの相手。競争相手。「商売上の―」「碁―」
恨みのある相手。あだ。仇敵(きゅうてき)。「―を取る」「父の―を討つ」
戦での相手。てき。
「―も御方(みかた)もこれを聞いて、一度にどっとぞ笑ひける」〈平家・九〉
結婚の相手。配偶者。
「御―をば知り奉らじ」〈宇津保・俊蔭〉
敵(てき)[用法]
[下接語]目の敵(がたき)色敵伯父敵恋敵碁敵実(じつ)敵商売敵職敵世話敵・立て敵・端(は)敵半道(はんどう)敵平敵女(め)敵

てき【敵】

戦い・競争・試合の相手。「大国をに回して戦う」「の意表をつく」「をつくりやすい言動」⇔味方
害を与えるもの。あるものにとってよくないもの。「民衆の」「社会の」「ぜいたくはだ」
比較の対象になる相手。「のほうがもてる」「弁舌にかけては彼のではない」
遊里で、客と遊女とが互いに相手をさしていう語。相方。おてき。
「―もをかしき奴(やつ)にて」〈浮・一代男・二〉
(「的」とも書く。代名詞的に用いて)多少軽蔑して、第三者をさしていう語。やつ。やつら。
「―めもえらい痴呆(へげたれ)めぢゃ」〈滑・浮世風呂・前〉
[用法]敵(てき)・かたき――自分にとって害をなすもの、滅ぼすべき相手の意では「敵」も「かたき」も相通じて用いられるが、普通は「敵」を使う。「かたき」はやや古風ないい方。◇「敵」は戦争・競争・試合の相手全般について使う。「敵を負かす」「敵に屈する」「敵が多い」◇争いなどの相手の意で使う「かたき」は、「恋がたき」「商売がたき」「碁(ご)がたき」のように複合語として用いられることが多い。◇深い恨みを抱き、滅ぼしたいと思う相手の意では「かたき」を使う。「親のかたきを討つ」「父のかたきを取る」「目のかたきにする」など。◇類似の語に「あだ」がある。「かたき」と同じように使われ、「あだ(かたき)討ち」などという。ただし「恩をあだで返す」は「かたき」で置き換えられない。

てき【敵】[漢字項目]

[音]テキ(漢) [訓]かたき
学習漢字]5年
〈テキ〉
対等に張り合う。「敵対匹敵無敵好敵手
競ったり憎んだりして張り合う相手。かたき。「敵意敵襲敵陣敵愾心(てきがいしん)仇敵(きゅうてき)強敵残敵弱敵宿敵政敵大敵天敵論敵
〈かたき(がたき)〉「敵役碁敵恋敵商売敵
[名のり]とし
[難読]敵娼(あいかた)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てき【敵】

( 名 )
あるものにとって、共存しえない存在。滅ぼさなければ自分の存在が危うくなるもの。かたき。 「 -の大将」 「贅沢ぜいたくは-だ」
対等に張り合う相手。試合などの相手。 「向かう所-なし」 「到底彼の-ではない」
遊里で、客が遊女を、また遊女が客をさす語。相方あいかた。 「重ねて逢ふ迄の日をいづれの-にも待ちかねさせ/浮世草子・一代男 6
( 代 )
の転。近世後期の上方語〕 三人称。あいつ。 「 -めもえらい癡呆へげたれめぢや/滑稽本・浮世風呂

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てき‐・す【敵】

〘自サ変〙 ⇒てきする(敵)

てき‐・する【敵】

〘自サ変〙 てき・す 〘自サ変〙
① 敵対する。対抗する。はりあう。てむかう。
※江談抄(1111頃)二「時人見維敏之気色万人不敵」
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一「三国同盟で攻寄るんだから僕一人では敵(テキ)し難しサ」
② つりあう。匹敵する。対応する。
※読本・雨月物語(1776)吉備津の釜「香央(かさだ)は此国の貴族にて、我は氏なき田夫なり。門戸敵(テキ)すべからねば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android