獅子身中の虫(読み)シシシンチュウノムシ

デジタル大辞泉の解説

獅子(しし)身中(しんちゅう)の虫

獅子の体内に寄生して、ついには獅子を死に至らせる虫の意》
仏徒でありながら、仏法に害をなす者。
組織などの内部にいながら害をなす者や、恩をあだで返す者。
[補説]「獅子心中の虫」と書くのは誤り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しししんちゅうのむし【獅子身中の虫】

〔「梵網経」獅子の体内で養われている虫が、かえって獅子を滅すということから〕
仏の弟子なのに仏教に害を与える者。転じて、内部の者でありながらその組織などに害を与える者にいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

獅子身中の虫の関連情報