コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

怪雨 カイウ

3件 の用語解説(怪雨の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かい‐う〔クワイ‐〕【怪雨】

つむじ風で巻き上げられた土砂や魚・虫などが、雨にまじって降ってくるもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かいう【怪雨】

竜巻などによってまきあげられた草・魚・虫・土などが、雨とともに降ってくる現象。あやしのあめ。 〔和漢三才図会〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

怪雨
かいう

色がついたり、異物が混じった雨。土砂が混じっている雨は泥雨(でいう)とよばれる。日本付近では、黄砂が原因のことが多く、雨後の樹葉などに灰色、黄褐色などの跡が残る。煤煙(ばいえん)あるいは火災、爆発で空中に舞い上がったものが雨水に溶けると黒い色の雨になる。これを墨雨(ぼくう)という。松の開花期には、風で運ばれた黄色の花粉が雨に混じって降り、水たまりなどに浮くことがあって、硫黄(いおう)の雨ともいわれる。異物が単独で降る場合も怪雨とよばれることがある。まれな現象であるが、魚やカエル、アリなどの小動物、あるいは木の実や穀物、枯れ草などが降った記録が少なからず残っている。魚雨の例では、ニューヨークで1900年5月15日の午後、黒雲から10センチメートル内外の生きた魚が多数降った。このような場合、その多くは竜巻で吸い上げられたものであろう。この種の怪雨は、雷雨や強雨など急激な現象に伴うことが多い。[篠原武次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の怪雨の言及

【雨】より

…(c)黒雨 工場の煤煙が混じった雨。(d)怪雨 泥雨や黒雨のように不溶解性の物質を多く含む雨。
[雨の観測]
 一定時間に降った雨の量を雨量と呼ぶ。…

※「怪雨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

怪雨の関連キーワードつむじ風巻上げ黒風鳥居旋毛担い旋毛ラチェット底取り巻上げ法巻上げる海苔巻き

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone