恩納(村)(読み)おんな

日本大百科全書(ニッポニカ)「恩納(村)」の解説

恩納(村)
おんな

沖縄県、沖縄本島中央部、国頭郡(くにがみぐん)にある村。方音ウンナ。村の東部は沖縄本島北部を縦走する脊梁(せきりょう)山地で、海岸に沿うわずかな沖積地に集落が立地し、国道58号が縦貫する。第二次世界大戦前からサトウキビ栽培を主とした村であったが、近年は山地寄りにパイナップル、ミカン栽培や、本土向けの野菜、花卉(かき)栽培が盛ん。1972年(昭和47)復帰後、恩納村の海岸全域が沖縄海岸国定公園に指定され、多くのビーチや万座毛(まんざもう)、真栄田岬(まえだみさき)などの景勝地に恵まれ、観光地化が著しく、リゾートホテルや大規模なゴルフ場も開設された。万座毛には沖縄を代表する女流歌人恩納なべ歌碑、仲泊(なかどまり)には沖縄最大の遺跡である仲泊遺跡(国指定史跡)がある。面積50.82平方キロメートル、人口1万0652(2015)。

[堂前亮平]

『仲松弥秀著『恩納村誌』(1980・恩納村)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android