恩納村(読み)おんな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「恩納村」の解説

恩納〔村〕
おんな

沖縄県沖縄島中部の西海岸にある村。村名は近世以来の間切(まぎり。行政区画)名による。恩納岳(363m)が中央東寄り,隣接する金武町とのにそびえる。南部真栄田岬中部万座毛(まんざもう)は沖縄島屈指の景勝地で,これらを含む海岸全域が沖縄海岸国定公園に属する。海岸沿いを走る国道58号線に沿ってムーンビーチ万座ビーチ,瀬良垣ビーチ,伊武部ビーチなどの海水浴場が続き,リゾートホテルが林立する。村域の 30%近くをアメリカ軍基地が占める。国道58号線がほぼ海岸に沿って通るが,工事に際して仲泊遺跡(国指定史跡)の緊急発掘調査が行なわれ,国道を海上に迂回させ,保存がはかられた。面積 50.82km2人口 1万652(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android