沖縄海岸国定公園(読み)おきなわかいがんこくていこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沖縄海岸国定公園
おきなわかいがんこくていこうえん

沖縄県沖縄島中部の残波岬以北の西海岸全体(本部半島海岸の大部分,辺戸岬周辺地域を除く)と,名護岳(345m)などの山岳部を含む自然公園。面積 48.72km2。1972年指定。1978年に慶良間諸島を含む海域が編入されたが,同海域は 2014年の慶良間諸島国立公園指定に伴い削除された。また 2016年やんばる地域の一部が削除され,やんばる国立公園に編入された。亜熱帯植物の原生林に富み,海岸景観に特色がある。名護市南部,部瀬名岬(ぶせなみさき)付近の海中はサンゴ礁が美しく,沖縄海岸海域公園地区指定。残波岬,名護湾,屋我地内海,茅打ちバンタなどの景勝地がある。名護市街地の南方には轟の滝がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おきなわかいがん‐こくていこうえん〔おきなはカイガンコクテイコウヱン〕【沖縄海岸国定公園】

沖縄県にある国定公園沖縄本島中部の東シナ海に面した残波(ざんば)岬から名護(なご)にいたる海岸と、本部(もとぶ)半島の備瀬(びせ)崎から最北端の辺戸(へど)岬にいたる全長80キロメートルの海岸線一帯と島内最高峰の与那覇(よなは)岳など内陸部の自然景観地。
[補説]平成26年(2014)に、それまで含まれていた慶良間(けらま)諸島地域が独立し、新たに国立公園として指定された。→慶良間諸島国立公園

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

沖縄海岸国定公園【おきなわかいがんこくていこうえん】

沖縄県,沖縄島の西海岸と慶良間(けらま)列島にまたがる国定公園。1972年指定。1978年慶良間地区を追加。103.20km2。辺土(へど)岬,名護湾,万座毛(まんざもう)の断崖などの景観と,沖縄海岸,渡嘉敷(とかしき),座間味の海中公園がある。2014年4月,慶良間列島一帯を〈慶良間諸島国立公園〉として分離。
→関連項目慶良間諸島国立公園慶良間列島

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

おきなわかいがんこくていこうえん【沖縄海岸国定公園】

沖縄本島の北部辺戸へど岬から中部残波ざんぱ岬に至る西海岸一帯と、慶良間けらま列島を含む海域の国定公園。珊瑚さんご礁や熱帯魚類など、海中景観も美しい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕沖縄海岸国定公園(おきなわかいがんこくていこうえん)


沖縄県、沖縄本島の西海岸一帯と慶良間(けらま)列島からなる国定公園。与那覇(よなは)岳周辺など一部内陸を含む。陸域面積1万286ha、海中公園3ヵ所計493ha。1972年(昭和47)指定。1978年、慶良間列島を追加指定。与那覇岳一帯はヤンバルクイナなどの動物、スダジイなどの植生で知られる天然保護区域。海岸部は珊瑚礁(さんごしょう)からなり、部瀬名(ぶせな)岬・渡嘉敷(とかしき)・座間味(ざまみ)に海中公園がある。名護(なご)城跡や断崖(だんがい)で有名な万座毛(まんざもう)など景勝地が多い。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沖縄海岸国定公園
おきなわかいがんこくていこうえん

沖縄県沖縄本島の北部、国頭(くにがみ)村から読谷(よみたん)村残波(ざんぱ)岬に至る西海岸一帯とその周辺海域、および名護岳(なごだけ)一帯ほかの陸域からなる国定公園。1965年(昭和40)琉球政府立公園(りゅうきゅうせいふりつこうえん)として指定されたが、1972年沖縄県の本土復帰と同時に国定公園となり、1978年慶良間(けらま)地区を追加。2006年(平成18)本部(もとぶ)半島カルスト地域を追加。海岸はいずれも裾礁(きょしょう)、離礁などの美しいサンゴ礁であり、またイシサンゴ類や熱帯魚類に恵まれた海中景観が知られ、海域公園に指定されている。しかし1972年ごろから沖縄諸島でサンゴを食害するオニヒトデが異常発生したため、大半のイシサンゴが死滅してしまった。1980年ごろから、その一部に回復の兆しがみえてきたが、元どおりのサンゴ景観になるには、長い年月が必要とみられている。そのほか、羽地(はねじ)内海、名護城跡、万座毛(まんざもう)、真栄田(まえだ)岬など、美しい景観地に富み、沖縄観光の中心となっている。交通も便利で海岸に沿って走る国道58号沿いにはドライブイン、ゴルフ場、海水浴場などが設けられている。なお、追加指定された慶良間諸島海域は、2005年にラムサール条約登録湿地となり、2014年に分離独立して慶良間諸島国立公園となった。2016年には国頭村の一部(沖縄本島北端の辺戸(へど)岬周辺と与那覇(よなは)岳一帯)と大宜味(おおぎみ)村の一部(塩屋(しおや)湾周辺)が、やんばる国立公園に編入され、沖縄海岸国定公園から指定削除となった。陸域面積4872ヘクタール、海域面積1万0985ヘクタール。[目崎茂和・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おきなわかいがん‐こくていこうえん おきなはコクテイコウヱン【沖縄海岸国定公園】

沖縄県、沖縄本島を中心とする国定公園。本島最北端の辺戸(へど)岬から中部の残波岬に及ぶ西海岸一帯と、慶良間(けらま)列島を含む海域。沖縄海岸・渡嘉敷・座間味の三海中公園がある。昭和四〇年(一九六五)琉球政府立公園となり、同四七年の本土復帰と同時に国定公園に指定。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の沖縄海岸国定公園の言及

【沖縄[県]】より

…(1)沖縄島北部 名護市と国頭郡の範囲で,山岳地形をなすことから山原(やんばる)の呼称がある。緑の山地を背景にしたサンゴ礁の海岸は美しく,恩納(おんな)から辺戸岬までの海岸は沖縄海岸国定公園に指定された。また海洋博記念公園をはじめ真栄田(まえだ)岬,万座毛(まんざもう),辺戸岬,海水浴場のあるビーチなど,名勝地,行楽地が多い。…

※「沖縄海岸国定公園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android