コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恭翁運良 きょうおう うんりょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恭翁運良 きょうおう-うんりょう

1267-1341 鎌倉-南北朝時代の僧。
文永4年生まれ。出羽(でわ)の人という。瑩山紹瑾(けいざん-じょうきん)らから曹洞(そうとう)禅を,紀伊(きい)西方寺の無本覚心から臨済(りんざい)禅をまなび,覚心の法をつぐ。のち加賀(石川県)大乗寺住持となる。加賀伝灯寺,越中(富山県)興化寺などをひらいた。暦応(りゃくおう)4=興国2年8月12日死去。75歳。諡号(しごう)は仏慧禅師,仏林慧日禅師。著作に「正法眼蔵語」「見性鈔」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

恭翁運良の関連キーワード南北朝時代運良