恵風(読み)けいふう

精選版 日本国語大辞典の解説

けい‐ふう【恵風】

〘名〙
① 自然物にめぐみを与える風。
※柳湾漁唱‐一集(1821)草木共逢春「惟喜恵風遍、寒根長遇春」 〔嵆康‐琴賦〕
② 陰暦二月の異名。〔元和本下学集(1617)〕
③ めぐみの感化。恩恵の風化。〔張衡‐東京賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けい‐ふう【恵風】

万物を成長させる、めぐみの風。春風。
陰暦2月の異称。
君主恩恵が広く行きわたるのを風にたとえた語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android