悉皆屋(読み)シッカイヤ

デジタル大辞泉の解説

しっかい‐や【×悉皆屋】

江戸時代、大坂で染め物・洗い張りなどの注文を取り、京都の専門店に取り次ぐことを業とした者。転じて、染め物や洗い張りを職業とする人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しっかいや【悉皆屋】

江戸時代、大坂で注文を取り京都に送って衣服の染めや染め返しをさせることを職業とした者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

悉皆屋
しっかいや

江戸時代、大坂に店舗を構えて、衣類の染め、洗い張り、染め返しなどのいっさいを請け負い、これを京都の業者に送って調製させた染物関係の請負業者。染物についてのすべてを請け負ったので、「悉皆」の名が生じたらしい。その後はやや転じて、染物や洗い張りを業とするものの名称にもなっている。[竹内利美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しっかい‐や【悉皆屋】

〘名〙 (「悉皆」は一切の意で一切を引き受けることを看板に掲げたところから) 江戸時代、大坂で染物・染替・洗張りなどの注文をとって京都へ送るのを業とした者。転じて、染物や洗張りなどを業とする者。また、その店。悉皆。
※洒落本・竊潜妻(1807)上「嘉吉は悉皆(シッカイ)やじゃによって、東で染物うけとった其注文の菊をやめにしてくれじゃ、此菊は大かたもやうの事であろ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の悉皆屋の言及

【洗張り】より

…あわせのものは丸洗いすると裏と表のつり合いが狂うので,解洗いが必要。関西では洗張りや染物などを扱う業者を悉皆屋(しつかいや)とよぶ。
[板張り]
 栃の一枚板に薄くのりをつけた布の裏側を密着させ,布目と幅を正して天日乾燥させる。…

※「悉皆屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android