悉皆(読み)シッカイ

デジタル大辞泉の解説

しっ‐かい【×悉皆】

[副]
残らず。すっかり。全部。
「少しも包み隠さず、―話して了(しま)って」〈二葉亭訳・めぐりあひ〉
まるで。
「白いふんどしで、かごの胴中をくくった所は、―おやしきの葬礼といふものだ」〈滑・膝栗毛・三〉
(あとに打消しの語を伴って用いる)全然。まったく。
「―それは武士たるもののしわざならず」〈浄・凱陣八島〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しっかい【悉皆】

( 副 )
一つ残らず全部。ことごとく。 「 -調査」 「不利な所は-取除いて/浮雲 四迷
(下に打ち消しの語を伴って)全然。まったく。 「一人歩行あるきして来るなど-ためしのなき事なるに/十三夜 一葉
まるで。まったく。 「その恨めしさうな顔は-幽霊ぢや/狂言・木六駄 鷺流

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しっ‐かい【悉皆】

[1] 〘名〙
① 全部。すべて。みな。一切。副詞的にも用いる。
※神道集(1358頃)四「此仏の第七願云、家属資具豊足と云へり」
※自然と人生(1900)〈徳富蘆花〉写生帖「家屋敷土蔵から道具器械一式揃へて株ぐるみ悉(シッカイ)其人に譲って」 〔北史‐楊大眼伝〕
② 「しっかいや(悉皆屋)」の略。〔随筆・守貞漫稿(1837‐53)〕
[2] 〘副〙
① 完全に一致・相似する意を表わす語。まったく。まるきり。まるで。
※天草本伊曾保(1593)鳶と、鳩の事「コノ ヲハカライワ xiccai(シッカイ) メツバウノ モトイ ナレドモ」
② (打消の語を伴って) 全然。
※玉塵抄(1563)三三「悉皆そこから梅をしらぬぞ」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉四「おとなげもなき無慈非道は、悉皆(シッカイ)本気の沙汰ではない」
③ (推量の語句を伴って) きっと。確かに。
※長唄・隈取安宅松(1769)「お笑ひ召したは悉皆(シッカイ)在所の、庄屋殿だんべい」
[語誌]仏書資料に多く漢文資料には極めてまれであるため、仏書の用語と見られ、本来の用法は(一)①であって、これが転じて(二)のように副詞として使用されるに至ったものと考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

悉皆の関連情報