コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洗い張り アライハリ

デジタル大辞泉の解説

あらい‐はり〔あらひ‐〕【洗い張り】

着物を解いて洗い、のりをつけて広げた布を、張り板に固着させたり、伸子(しんし)で張ったりして乾かす方法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あらいはり【洗い張り】

( 名 ) スル
和服を解いて洗い、糊のりをつけ、板張りや伸子しんし張りにして幅を整え乾かすこと。 「 -して縫い直す」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洗い張り
あらいはり

和服を解き洗いして仕上げる方法。着物などの形になっているものを全部解き離して、糸くず、ごみを除き、洗濯をする。そのあと布に応じて次の仕上げ方法をする。
(1)板張り仕上げ 木綿、レーヨン、交織地(こうしょくじ)など、ぬれても縮まない布に適する。張り板(一度にするときは1反で4枚は必要)、刷毛(はけ)、ふのり、または合成糊料(こりょう)を用いる。張る布は裏を外にして棒に巻いておき、張り板は水平に腰の高さに置く。これにふのりを刷毛で引きながら、布裏が板につくように順次広げ、縦、横の布目を通しながら張る。板を立てかけて、自然乾燥させる。
(2)伸子(しんし)張り仕上げ 光沢や風合いがよく仕上がるので、縮緬(ちりめん)、お召(めし)、大島、紬(つむぎ)など高級な絹織物に向く。張り手棒2本または4本、伸子針(竹の細棒の両端に針のついたもの)約300本、刷毛、ふのりを用意する。解き離した布はあらかじめ、裁断前の反物の形になるように縫い合わせておく(端縫いという)。布の両端を張り手棒で挟んで引っ張り、伸子の針を布の両耳に打ち、布裏から糊(のり)を刷毛で引いて干す。乾燥後、端縫いのところだけ針を残して(飛(とび)伸子という)、耳に水をつけて針刺しのあとを消す。
(3)湯のし仕上げ 用具は湯のし釜(がま)、巻き棒2本。縮緬など強撚糸(きょうねんし)のものや、ぬれると幅が縮む絞りなどによい方法である。糊をつけないので、ふっくらとした仕上がりになる。布の両端をあわせて縫い、輪にしたところに2本の棒を通し、蒸気を当てながら引っ張って幅出しをして仕上げる。
(4)アイロン仕上げ 糊つけして乾かした布全体に霧吹きをして、布裏を内側にして棒に巻き、湿布で包み、しばらくねかしておく。裏からアイロンをかけて別の棒に巻き取る。
 洗い張りは、第二次世界大戦までは家庭ですることが多かったが、現在は染物屋、関西では悉皆屋(しっかいや)に依頼することが多い。[岡野和子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

洗い張りの関連キーワード布海苔・海蘿・鹿角菜張り替え・張替え張り返し・張返し紺屋(こうや)絹張り・絹張ムカンナー解く・梳く異国張り伸子張り綿入れ染物屋板張り姫始め絹張り悉皆屋張替え解洗い物張り縫返す和裁

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

洗い張りの関連情報