コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洗い張り アライハリ

3件 の用語解説(洗い張りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あらい‐はり〔あらひ‐〕【洗い張り】

着物を解いて洗い、のりをつけて広げた布を、張り板に固着させたり、伸子(しんし)で張ったりして乾かす方法。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あらいはり【洗い張り】

( 名 ) スル
和服を解いて洗い、糊のりをつけ、板張りや伸子しんし張りにして幅を整え乾かすこと。 「 -して縫い直す」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洗い張り
あらいはり

和服を解き洗いして仕上げる方法。着物などの形になっているものを全部解き離して、糸くず、ごみを除き、洗濯をする。そのあと布に応じて次の仕上げ方法をする。
(1)板張り仕上げ 木綿、レーヨン、交織地(こうしょくじ)など、ぬれても縮まない布に適する。張り板(一度にするときは1反で4枚は必要)、刷毛(はけ)、ふのり、または合成糊料(こりょう)を用いる。張る布は裏を外にして棒に巻いておき、張り板は水平に腰の高さに置く。これにふのりを刷毛で引きながら、布裏が板につくように順次広げ、縦、横の布目を通しながら張る。板を立てかけて、自然乾燥させる。
(2)伸子(しんし)張り仕上げ 光沢や風合いがよく仕上がるので、縮緬(ちりめん)、お召(めし)、大島、紬(つむぎ)など高級な絹織物に向く。張り手棒2本または4本、伸子針(竹の細棒の両端に針のついたもの)約300本、刷毛、ふのりを用意する。解き離した布はあらかじめ、裁断前の反物の形になるように縫い合わせておく(端縫いという)。布の両端を張り手棒で挟んで引っ張り、伸子の針を布の両耳に打ち、布裏から糊(のり)を刷毛で引いて干す。乾燥後、端縫いのところだけ針を残して(飛(とび)伸子という)、耳に水をつけて針刺しのあとを消す。
(3)湯のし仕上げ 用具は湯のし釜(がま)、巻き棒2本。縮緬など強撚糸(きょうねんし)のものや、ぬれると幅が縮む絞りなどによい方法である。糊をつけないので、ふっくらとした仕上がりになる。布の両端をあわせて縫い、輪にしたところに2本の棒を通し、蒸気を当てながら引っ張って幅出しをして仕上げる。
(4)アイロン仕上げ 糊つけして乾かした布全体に霧吹きをして、布裏を内側にして棒に巻き、湿布で包み、しばらくねかしておく。裏からアイロンをかけて別の棒に巻き取る。
 洗い張りは、第二次世界大戦までは家庭ですることが多かったが、現在は染物屋、関西では悉皆屋(しっかいや)に依頼することが多い。[岡野和子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

洗い張りの関連キーワード切付け足洗い糊付け巴布地張り掴み洗い解洗い取広げる張替え振洗い

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

洗い張りの関連情報