コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悔いる クイル

デジタル大辞泉の解説

く・いる【悔いる】

[動ア上一][文]く・ゆ[ヤ上二]自分のした行為について、まちがいや悪い点があったことに気づき、残念に思ったり反省したりする。後悔する。「前非を―・いる」
悔やむ[用法]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くいる【悔いる】

( 動上一 ) [文] ヤ上二 く・ゆ
自分がしてしまったことを、しなければよかったと残念に思う。後悔する。 「前非を-・いる」 「立ちて居て後に-・ゆとも験しるしあらめやも/万葉集 410」 → 悔やむ(補説欄)

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

悔いるの関連キーワードコンチリサン悔やむ・悔む世紀児の告白慚悔・慙悔送り仮名ユダヤ教悔しい雲雀山抜かりテス悔む慙悔悔い先非悔ふ前非

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

悔いるの関連情報