コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹誠/丹精 タンセイ

2件 の用語解説(丹誠/丹精の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たん‐せい【丹誠/丹精】

[名](スル)《古くは「たんぜい」とも》
(丹誠)飾りけや偽りのない心。まごころ。誠意。丹心。赤心。「―を尽くす」「―を込める」
心を込めて物事をすること。「母の―になる手料理」「―して盆栽を育てる」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

たんせい【丹誠】

大分の日本酒。酒名は「丹誠込めて酒造りをする」という思いを込めて命名。大吟醸酒、純米酒、本醸造酒などがある。原料米は山田錦など。仕込み水は祖母傾(そぼかたむき)山系の伏流水。蔵元の「丹誠酒類」は昭和46年(1971)地元の酒造会社3社が合併し設立。所在地豊後大野市緒方町下自在。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丹誠/丹精の関連キーワード粛正誠心豊年米川上喜元貴運久島の香東洋一豊乃関大和鏡

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone