コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹誠/丹精 タンセイ

デジタル大辞泉の解説

たん‐せい【丹誠/丹精】

[名](スル)《古くは「たんぜい」とも》
(丹誠)飾りけや偽りのない心。まごころ。誠意。丹心。赤心。「―を尽くす」「―を込める」
心を込めて物事をすること。「母の―になる手料理」「―して盆栽を育てる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

たんせい【丹誠】

大分の日本酒。酒名は「丹込めて酒造りをする」という思いを込めて命名。大吟醸酒、純米酒、本醸造酒などがある。原料米は山田錦など。仕込み水は祖母傾(そぼかたむき)山系の伏流水。蔵元の「丹誠酒類」は昭和46年(1971)地元の酒造会社3社が合併し設立。所在地は豊後大野市緒方町下自在。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

丹誠/丹精の関連キーワード嘆・丹・単・反・單・嘆・坦・憚・憺・担・探・擔・旦・歎・淡・湍・湛・炭・疸・痰・短・站・端・箪・簞・綻・緞・耽・胆・膽・蛋・誕・譚・貪・鍛抜きん出る丹精・丹誠荒城の月丹心

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android