コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悟宗圭頓 ごしゅう けいどん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

悟宗圭頓 ごしゅう-けいどん

1473-1555 戦国時代の僧。
文明5年生まれ。曹洞(そうとう)宗。周防(すおう)(山口県)瑠璃光寺の勁巌珠端(けいがん-しゅたん)の法をつぐ。肥前筥河(佐賀県)妙雲寺の開山(かいさん)となった。天文(てんぶん)24年8月14日死去。83歳。肥後(熊本県)出身。俗姓は菊池。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

悟宗圭頓の関連キーワードパウルス4世弘治足利義尚足利義尚細川勝元細川勝元加賀一向一揆天文葛山城アバ朝

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone