コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悲愴交響曲 ひそうこうきょうきょく

大辞林 第三版の解説

ひそうこうきょうきょく【悲愴交響曲】

チャイコフスキー作曲の交響曲第六番ロ短調。1893年、自らの指揮により初演。絶望的で悲愴な感情が巧みに表現される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

悲愴交響曲【ひそうこうきょうきょく】

チャイコフスキーの遺作となった交響曲第6番ロ短調《悲愴Pateticheskaya》。1893年作曲され,同年死の9日前,作曲者自身の指揮によりサンクト・ペテルブルク初演された。第2楽章は,19世紀の音楽としては珍しい5拍子で書かれている。標題は弟モデストによってつけられた。なおチャイコフスキーの交響曲には番号付きの6曲のほかに,バイロンの詩劇による標題音楽マンフレッド交響曲》(1885年)がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

悲愴交響曲
ひそうこうきょうきょく
Симфония Патетическая Simfoniya Pateticheskaya ロシア語
Symphonie pathtiqueフランス語
S. Pathetischドイツ語

ロシアの作曲家チャイコフスキーの交響曲第6番ロ短調(作品74)のこと。作曲家の死の年の1893年に作曲され、死の9日前に初演。「悲愴」の名称は作曲者の弟モデストが初演のあとで提案したものと伝えられ、死後の出版に際しこの題が付された。[横原千史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android