コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情け深い ナサケブカイ

デジタル大辞泉の解説

なさけ‐ぶか・い【情け深い】

[形][文]なさけぶか・し[ク]
思いやりの心が強い。「―・い人」
情趣を理解する心が深い。
「日ごろの御ありさまけはひのなつかしく―・う」〈総角

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なさけぶかい【情け深い】

( 形 ) [文] ク なさけぶか・し
思いやりの気持ちが十分にある。人情味にあふれている。 「 - ・い取り計らい」 「 - ・い人」
風流心がある。情趣を解する心が深い。 「この僧正は優に-・き人なり/平家 6
[派生] -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

情け深いの関連キーワード渡る世間に鬼はない世間に鬼はない慈悲深い慈悲心仁愛慈心温仁慈悲情趣深い温情仁篤恩遇仁慈仏性恩情慈仁恩詔僧正恩顔

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

情け深いの関連情報