親切/深切(読み)シンセツ

デジタル大辞泉の解説

しん‐せつ【親切/深切】

[名・形動]
相手の身になって、その人のために何かをすること。思いやりをもって人のためにつくすこと。また、そのさま。「人の―にあずかる」「―を無にする」「―な応対」
(深切)心の底からすること。また、そのさま。
「独立の気力ある者は国を思うこと―にして」〈福沢学問のすゝめ
[派生]しんせつげ[形動]しんせつさ[名]しんせつみ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

親切

日本のテレビドラマ。1979年3月、NHKにて放映。1978年、第3回創作テレビドラマ脚本懸賞に入選した冨川元文の脚本の映像化作品。出演:岡本富士太、秋野暢子、大友柳太朗ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android