親切(読み)シンセツ

デジタル大辞泉「親切」の解説

しん‐せつ【親切/深切】

[名・形動]
相手の身になって、その人のために何かをすること。思いやりをもって人のためにつくすこと。また、そのさま。「人の―にあずかる」「―を無にする」「―な応対
(深切)心の底からすること。また、そのさま。
「独立の気力ある者は国を思うこと―にして」〈福沢学問のすゝめ
[派生]しんせつげ[形動]しんせつさ[名]しんせつみ[名]
[類語](1好意厚意厚志厚情懇切懇篤こんとく親身ねんご手厚い情け深い心尽くし温かい優しい温か温厚寛厚寛仁かんじん慈悲深い心が籠もる心を籠めるハートフル手重い丁寧丁重慇懃いんぎん折り目正しい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「親切」の解説

親切

日本のテレビドラマ。1979年3月、NHKにて放映。1978年、第3回創作テレビドラマ脚本懸賞に入選した冨川元文の脚本の映像化作品。出演:岡本富士太、秋野暢子、大友柳太朗ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

普及版 字通「親切」の解説

【親切】しんせつ

ゆきとどき、よくあてはまる。〔滄浪詩話〕僕の辨は、乃ち千百年のを斷(さだ)む。俗の談、至當歸一のなり。其の~禪を以て詩に喩(たと)ふ。れより親切なるは(な)し。

字通「親」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android