コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親切/深切 シンセツ

デジタル大辞泉の解説

しん‐せつ【親切/深切】

[名・形動]
相手の身になって、その人のために何かをすること。思いやりをもって人のためにつくすこと。また、そのさま。「人の―にあずかる」「―を無にする」「―な応対」
(深切)心の底からすること。また、そのさま。
「独立の気力ある者は国を思うこと―にして」〈福沢学問のすゝめ
[派生]しんせつげ[形動]しんせつさ[名]しんせつみ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

親切

日本のテレビドラマ。1979年3月、NHKにて放映。1978年、第3回創作テレビドラマ脚本懸賞に入選した冨川元文の脚本の映像化作品。出演:岡本富士太秋野暢子、大友柳太朗ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

親切/深切の関連キーワード押付けがましいゲスフーテストグッドウィル何時もながら構ってちゃん言葉に甘える風の吹き回しオクシモロン情けを掛けるペイバック親切ごかしヘイウッド骨に沁みる言葉に余る情けごかし御為ごかしギャラント甘えん坊事に依るカインド

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android