優しい(読み)ヤサシイ

デジタル大辞泉「優しい」の解説

やさし・い【優しい】

[形][文]やさ・し[シク]《動詞「す」の形容詞化で、5原義
姿・ようすなどが優美である。上品で美しい。「—・い顔かたち」「声が—・い」
他人に対して思いやりがあり、情がこまやかである。「—・く慰める」「—・い言葉をかける」
性質がすなおでしとやかである。穏和で、好ましい感じである。「気だての—・い子」
悪い影響を与えない。刺激が少ない。「地球に—・い自動車」「肌に—・い化粧水」
身がやせ細るような思いである。ひけめを感じる。恥ずかしい。
「なにをして身のいたづらに老いぬらむ年のおもはむ事ぞ—・しき」〈古今・雑体〉
控え目に振る舞い、つつましやかである。
「繁樹は百八十に及びてこそさぶらふらめど、—・しく申すなり」〈大鏡・序〉
殊勝である。けなげである。りっぱである。
「あな—・し、いかなる人にてましませば、味方の御勢は皆落ち候ふに」〈平家・七〉
[派生]やさしげ[形動]やさしさ[名]やさしみ[名]
[類語](2温かい温か温厚寛厚寛仁かんじん親切情け深い慈悲深い心が籠もる心を籠めるハートフル/(3柔和もの柔らか内気弱気引っ込み思案気弱内弁慶陰弁慶臆病大人しいこわがり小心小胆怯懦怯弱意気地なし小心翼翼弱腰薄弱惰弱柔弱軟弱優柔不断やわやわ弱弱しい女女しい弱音を吐く・音を上げる・悲鳴を上げる・気が弱い腰が弱い煮え切らない肝が小さい・肝っ玉が小さい・温順柔順従順温柔温良順良素直穏和おだやか物静かおとなしやか控えめ・内向的・人見知りしんねりむっつりシャイ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android