コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暖か/温か アタタカ

デジタル大辞泉の解説

あたたか【暖か/温か】

[形動][文][ナリ]
(暖か)暑すぎもせず、寒くもなく、程よい気温であるさま。あったか。「―な小春日和」 春》「―な雨がふるなり枯葎(かれむぐら)/子規
(温か)物が冷たくなく、熱すぎもせず、程よい温度であるさま。「―なスープ」
(温か)思いやりのあるさま。「―な家庭」
(暖か)金銭が十分にあるさま。「懐が―だ」
(暖か)色合いが、赤・黄系統で柔らかい感じのするさま。「壁の色が―だ」
穏やかなさま。すなおだ。
「銀(かね)も見ずに―に請取をせうわいなあ」〈浄・生玉心中
ずうずうしいさま。いい気なさま。
「―な事言はれなと声をとがらし申しける」〈浄・文武五人男〉
[派生]あたたかげ[形動]あたたかさ[名]あたたかみ[名]

あったか【暖か/温か】

[形動]あたたか」に同じ。「―な春の日」
[派生]あったかげ[形動]あったかさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

暖か/温かの関連キーワードセミアコースティック・ギター[semiacoustic guitar]温量指数(川喜多,吉良)E. フェイェシュ小寒の氷大寒に解く石の上にも三年霜解け・霜融けイリノイ氷期寒さの指数しらぬいの温和・穏和返り咲く伸し上るふっくらぽかぽか小春日和ウオーム不用の用休眠打破野口雨情温量指数

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android