惟忠通恕(読み)いちゅうつうじょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

惟忠通恕
いちゅうつうじょ

[生]正平4=貞和5(1349)
[没]永享1(1429)/永享2(1430).9.29.
南北朝から室町時代臨済宗の僧。五山文学者。号は雲壑 (うんかく) 道人建仁寺 88世,天竜寺 52世,南禅寺 89世。漢詩集『雲壑猿吟集』 (『猿吟集』ともいう) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

惟忠通恕 いちゅう-つうじょ

1349-1429 南北朝-室町時代の僧。
貞和(じょうわ)5=正平(しょうへい)4年生まれ。京都の人。臨済(りんざい)宗。京都建仁(けんにん)寺の無涯仁浩(にんこう)の法をつぐ。建仁寺,天竜寺,南禅寺の住持をつとめ,将軍足利義持の帰依(きえ)をうけた。学芸を義堂周信らにまなび,詩文にもすぐれた。永享元年9月25日死去。81歳。別号に雲壑(うんがく)道人。著作に「繋驢橛(けろけつ)」「猿吟集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android