コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惟明親王 これあきらしんのう

2件 の用語解説(惟明親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

惟明親王 これあきらしんのう

1179-1221 鎌倉時代,高倉天皇の第3皇子。
治承(じしょう)3年4月11日生まれ。寿永2年平氏が安徳天皇とともに西国にのがれたとき,5歳で皇位継承候補となるが,異母弟の後鳥羽(ごとば)天皇が即位。文治5年(1189)親王となった。歌が「新古今和歌集」などの勅撰集に34首のる。承久(じょうきゅう)3年5月3日死去。43歳。大炊御門(おおいみかどの)宮,承安(じょうあん)第三宮とも称した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

惟明親王

没年:承久3.5.3(1221.5.25)
生年:治承3.4.11(1179.5.19)
鎌倉前期の親王。「これあきら」とも。高倉天皇の第3皇子。後鳥羽天皇の兄。母は宮内大輔平義範の娘で少将局。大炊御門宮ともいう。文治5(1189)年11月,祖父の後白河法皇の計らいで,兄守貞(後高倉上皇)と共に親王宣下を受けた。建久6(1195)年3月,後鳥羽の母七条院の猶子として,七条院の御所で元服をした。順徳天皇が即位したことによって,皇位継承の望みが完全に断たれたため,承元5(1221)年2月出家した。

(秋山喜代子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

惟明親王の関連キーワードアキレア威儀の親王浅野綱晟聖海法親王少将内侍(1)尊雲時明親王長明親王煕明親王師明親王

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone