コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惟明親王 これあきらしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

惟明親王 これあきらしんのう

1179-1221 鎌倉時代,高倉天皇の第3皇子。
治承(じしょう)3年4月11日生まれ。寿永2年平氏が安徳天皇とともに西国にのがれたとき,5歳で皇位継承候補となるが,異母弟の後鳥羽(ごとば)天皇が即位。文治5年(1189)親王となった。歌が「新古今和歌集」などの勅撰集に34首のる。承久(じょうきゅう)3年5月3日死去。43歳。大炊御門(おおいみかどの)宮,承安(じょうあん)第三宮とも称した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

惟明親王

没年:承久3.5.3(1221.5.25)
生年:治承3.4.11(1179.5.19)
鎌倉前期の親王。「これあきら」とも。高倉天皇の第3皇子。後鳥羽天皇の兄。母は宮内大輔平義範の娘で少将局。大炊御門宮ともいう。文治5(1189)年11月,祖父の後白河法皇の計らいで,兄守貞(後高倉上皇)と共に親王宣下を受けた。建久6(1195)年3月,後鳥羽の母七条院の猶子として,七条院の御所で元服をした。順徳天皇が即位したことによって,皇位継承の望みが完全に断たれたため,承元5(1221)年2月出家した。

(秋山喜代子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

惟明親王の関連キーワード惟明親王叡空平盛子藤原信隆インノケンチウス3世平氏政権守貞親王後高倉上皇近衛家実三条公房

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone