愚者にも一得(読み)ぐしゃにもいっとく

故事成語を知る辞典「愚者にも一得」の解説

愚者にも一得

愚かなでも、時には役に立つ案を出すことがある、ということ。

[使用例] たった一言置きみやげ、愚者にも一得、いまわの忠言坪内逍遥*桐一葉|1894~95]

[由来] 「史記わいいんこう伝」に記録されている話から。紀元前二世紀の終わり、りゅうほうこうとが、中国の覇権を懸けて争っていたときのこと。劉邦側の将軍、かんしんは、ある戦いに勝利して、敵の兵法家、こうくんを生け捕りにしました。以前から広武君の才能に敬服していた韓信は、そのいましめを解いて、教えを請います。すると、広武君は、「しゃにも千慮に必ず一失有り、しゃにも千慮に必ず一得有り(頭のいい人だってたまには間違った判断をすることがあるし、愚か者だってたまにはいい判断をすることがあるものです)」と述べて、「愚者」なりの自分の考えを伝えたのでした。なお、この広武君のセリフからは、「千慮の一失という故事成語も生まれています。

〔異形〕愚者にも千慮の一得あり。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「愚者にも一得」の解説

愚者(ぐしゃ)にも一得(いっとく)

《「史記」淮陰侯伝の「智者も千慮(せんりょ)に必ず一失あり、愚者も千慮に必ず一得あり」から》愚かな者でも、たまには採るべきいい考え方をするということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「愚者にも一得」の解説

ぐしゃ【愚者】=にも[=の]一得(いっとく)

※中右記‐大治四年(1129)四月一〇日「予見付此事、愚者一得歟」
※桐一葉(1894‐95)〈坪内逍遙〉六「たった一言置きみやげ、愚者にも一得、いまはの忠言」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android