コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓信 かんしん Han Xin; Han Hsin

6件 の用語解説(韓信の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

韓信
かんしん
Han Xin; Han Hsin

[生]?
[没]高祖11(前196)
中国,前漢の高祖の勇将。淮陰 (江蘇省) の人。淮陰の市中で不良少年の侮辱にたえ,その股下をくぐった話は有名。初め項梁,項羽に従ったが重用されず,高祖の軍にいたり,蕭何 (しょうか) の推薦で大将となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かん‐しん【韓信】

[?~前196]中国、初の武将。江蘇の人。項羽(こうう)に従ったのち、劉邦(りゅうほう)の将となり、華北を平定。斉王、次いで楚王に封ぜられたが、のち淮陰侯に左遷され、反逆の疑いで呂后(りょこう)に処刑された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

韓信【かんしん】

中国,漢初の名将。劉邦のもとで華北を平定し,漢の天下統一に貢献。王に封ぜられたが,反逆を疑われて謀殺された。若いころは流浪の生活を送り,洗濯女に食を恵まれたとか,淮陰(わいいん)の市中で若者の侮辱に耐え,その股(また)をくぐったという逸話がある。
→関連項目蕭何

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かんしん【韓信 Hán Xìn】

?‐前196
中国,漢の高祖劉邦の功臣。淮陰(わいいん)(江蘇省淮陰市南)の人。無名のころは,家が貧しくて寄食暮しをしていたが常に大剣を帯び,それを臆病者と侮辱されてもよく耐えて若者の股の下をくぐった逸話がある。秦末の反乱がおこると楚の項羽に従ったが重用されず,去って高祖に従い,蕭何(しようか)の推挙で大将に任命された。楚・漢の戦いでは,漢の別動隊として趙から燕,斉の地を平定して斉王に封ぜられ,楚・漢と並んで天下を三分する優位に立ったが,高祖に対する忠誠をまもり,項羽を追いつめて漢を勝利に導いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんしん【韓信】

?~前196) 中国、前漢初の武将。蕭何しようか・張良とともに漢の三傑の一人。項羽こううに従ったが用いられず、劉邦りゆうほうに従い華北を平定。漢の統一後、斉王から楚王に遷され、のち反逆の疑いで捕らわれ殺された。
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

韓信
かんしん
(?―前196)

中国、漢の高祖劉邦(りゅうほう)の功臣。軍略にたけた武将。淮陰(わいいん)(江蘇(こうそ)省)の貧家に生まれ、母親の葬儀も出せなかった。ある日城下で釣りをしていたとき、近くで洗い物をしていた老女が彼の飢えを見かねて食を与え、そのまま寄食すること数十日。いつの日かこの恩に報いるといったところ、自分で食えずにいて何が報恩だと叱(しか)り飛ばされた。また、町なかでばかにされながらも一時の恥を忍んで無頼者の股(また)の下をくぐったという。これらの若いころの逸話は、いずれも彼の大志あるをうかがわせるものである。秦(しん)末の乱に際し、初め項羽(こうう)陣営に属したが、不遇を不満として劉邦に仕えようとした。その際危うく斬(き)られそうになったが、重臣夏侯嬰(かこうえい)にみいだされて救われ、さらに丞相(じょうしょう)蕭何(しょうか)の推薦でやがて大将となり、項羽討滅の策を次々と献じ、劉邦をして、もっと早くこの男を幕下に入れたかったといわしめた。紀元前206年、項羽の都彭城(ほうじょう)を襲った劉邦が危機に陥るやそれを救い、ついで趙(ちょう)、斉(せい)の地を攻略して黄河下流一帯を確保し、漢を優勢たらしめ、斉王に封ぜられた。漢の天下統一が達成されると、異姓の諸王を廃除しようとする劉邦の政策にあい、また、陛下はせいぜい10万の兵の将だが、自分は多々ますます弁ず(多ければ多いほどよい)と豪語した有能さが災いし、しだいに悲劇的な晩年になってゆく。楚(そ)王に移され、次には反逆の疑いで淮陰侯に落とされ、前196年、呂后(りょこう)の謀計にかかって捕らわれ、一族もろとも滅ぼされた。[春日井明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の韓信の言及

【旗】より

…逆に敵の旗を抜き奪いとることは,〈搴(けん)旗〉といい〈搴旗の士〉とは勇士を意味した。旗の争奪による戦場の帰趨を作戦にみごとに駆使したのは〈背水の陣〉の故事で知られる漢の韓信の井陘口付近での戦いである。20万の趙王の軍を相手に数千の兵数で戦う韓信は,河を背に主力軍を死力をつくして戦わせ,その間に漢軍がわざと放棄した大将の旗鼓を奪いあう趙軍の虚をつき,漢の奇兵が空となった趙軍陣地を占領して趙軍旗を抜きとり,漢の赤幟を一挙にはためかして勝利をおさめたのであった。…

※「韓信」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

韓信の関連キーワード垓下周勃蕭何曹参呂后呂氏の乱紀信樊噲俠客

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

韓信の関連情報