愛と偶然との戯れ(読み)あいとぐうぜんとのたわむれ(英語表記)Le Jeu de l'amour et du hasard

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愛と偶然との戯れ
あいとぐうぜんとのたわむれ
Le Jeu de l'amour et du hasard

フランスの劇作家マリボーの三幕散文喜劇。1730年初演。父親たちが決めた結婚をする前に、相手をよく知ろうとして、シルビアは小間使いリゼットと服装や身分を取り替える。婚約者のドラントも、同じ目的で、下男のアルルカンになりすまして、シルビアの前に現れる。2人の若者は出会ったときから、相手に愛情を抱くが、相手を身分の下の人間であると心のなかでは考えており、そこから葛藤(かっとう)が生まれる。結局、ドラントはシルビアに身分を明らかにするが、娘は兄マリオの助けを借り、小間使いとしての自分との結婚をドラントに同意させる。また、同時にリゼットとアルルカンの恋も同時に進行する。作品は、若者たちの心の葛藤、恋心の細かな動きを、台詞(せりふ)のやりとりのうちに精妙に表現するとともに、結婚は身分によるのではなく、相手の人格によると主張している。マリボー演劇の最高傑作の一つである。[原 好男]
『進藤誠一訳『愛と偶然との戯れ』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

あいとぐうぜんとのたわむれ〔アイとグウゼンとのたはむれ〕【愛と偶然との戯れ】

《原題、〈フランス〉Le Jeu de l'amour et du hasardマリボーの喜劇。1730年発表。3幕散文。親が決めた婚約者の人柄を見極めようと、互いに召使と役割を取り替えて出会った男女が恋に落ち、身分違いの恋に悩むが、最後には正体がわかり、めでたく結婚するという物語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android