コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石上玄一郎 いしがみげんいちろう

2件 の用語解説(石上玄一郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石上玄一郎
いしがみげんいちろう

[生]1910.3.27. 札幌
小説家。本名,上田重彦。「いそのかみ」とも呼ばれたが,これは誤読。弘前高等学校中退。同学年に太宰治がいた。代表作『精神病学教室』 (1942) ,『黄金分割』 (53) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石上玄一郎 いしがみ-げんいちろう

1910-2009 昭和-平成時代の小説家。
明治43年3月27日生まれ。社会主義運動に参加,旧制弘前高を放校される。昭和15年「絵姿」で注目される。西欧の現象学と仏教思想に傾倒し,観念的,幻想的な作風で知られた。作品に「精神病学教室」「自殺案内者」「彷徨えるユダヤ人」「太宰治と私」など。平成21年10月5日死去。99歳。北海道出身。本名は上田重彦。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石上玄一郎の関連キーワード新聞小説アフリカ神話桂太郎内閣北欧映画明治日本の産業革命遺産有珠山Edward the Confessorウィルソン大逆事件南極

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone