コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛洲移香 あいす・いこう

3件 の用語解説(愛洲移香の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

愛洲移香

没年:天文7(1538)
生年:享徳1(1452)
室町時代の剣術家。陰流の開祖。惟孝とも記す。村上源氏北畠氏の末裔で,伊勢国(三重県)の生まれ。水軍の将として九州,関東,さらに明国まで渡航。36歳のころ,日向国(宮崎県)鵜戸の霊窟に籠り,霊夢を得たとされる。これより一流を開いて陰の流と称した。子の宗通の誕生は67歳のときで,それ以前の移香はひたすら諸国を巡って修行していたものと思われる。陰流の系統は上泉信綱の新陰流や柳生新陰流に継がれ,多くの有力な流派を生んで隆盛した。<参考文献>中林信二『武道のすすめ』

(藤堂良明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あいすいこう【愛洲移香】

1452‐1538(享徳1‐天文7)
剣術流派愛洲陰(かげ)流(単に陰流とも)の祖。名は久忠,日向守また惟孝ともいう。伊勢(一説に日向)の豪族の子孫。刀法の修行で各地を回り,36歳のとき日向鵜戸の岩屋に参籠して神託を得,陰の流を開いたと伝えられる。また移香は水軍と関係があり,明国にも渡航したらしく,明の武術書《武備志》に陰流目録の一部,猿によって刀法を示した図が載っている。陰流は上泉秀綱に伝わり,新陰流として確立され発展した。【中林 信二】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愛洲移香
あいすいこう
(1452―1538?)

室町末期の剣術家。愛洲陰(かげ)流の祖。通称は太郎左衛門尉久忠(ひさただ)。惟孝(いこう)、移香斎と号す。愛洲氏は熊野水軍の出身で、南北朝のころ伊勢(いせ)(三重県)に移り、度会(わたらい)郡五所ヶ浦を中心に勢力を張ったという。幼少より刀槍(とうそう)の術を好み、長じて諸国を遍歴し、1487年(長享1)36歳のとき、日向(ひゅうが)(宮崎県)の鵜戸権現(うどごんげん)の岩屋に参籠(さんろう)すること37日、刀法の極意を感得して、陰流を始めた。長子小七郎宗通(こしちろうむねみち)(惟脩(いしゅう)、元香斎(げんこうさい))は永禄(えいろく)の初め(1560ころ)関東に下り、上泉伊勢守秀綱(かみいずみいせのかみひでつな)や佐竹常陸介義重(ひたちのすけよししげ)らに陰流の奥義を伝えたという。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の愛洲移香の言及

【陰流】より

…愛洲(あいす)陰流あるいは陰の流ともいい,室町後期愛洲移香により創始された剣術流派。流祖移香については不明な点も多いが,水軍に関係があったらしく,明の武術書《武備志》に陰流目録の一部が収められている。…

※「愛洲移香」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

愛洲移香の関連キーワード中山康親四条隆永新陰流享徳剣術愛洲惟孝江戸通政月湖(1)貞末斯波義健

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone