コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上泉秀綱 カミイズミヒデツナ

百科事典マイペディアの解説

上泉秀綱【かみいずみひでつな】

室町末期の武人,剣客。生没年不詳。伊勢守と称し,のち武蔵守信綱と名乗る。上野(こうずけ)の人。初め上野箕輪(みのわ)城主長野氏に仕えたが,箕輪落城後,諸国を巡り京に上って名声を得た。
→関連項目陰流新陰流塚原卜伝柳生流

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かみいずみひでつな【上泉秀綱】

戦国時代の剣術家。生没年不詳。新陰流の祖であると同時に上泉流兵法学の祖。初め伊勢守,後に武蔵守信綱。永正年間(1504‐21)上州桂萱郷(かいがやごう)上泉(現,前橋市上泉)に生まれる。彼の生涯は戦国動乱の時代で,関東甲信越は群雄が各地に割拠し,互いに攻防を繰り返していた。上泉家は,最初上杉の配下にあり大胡城主であったが,北条,上杉,武田とその支配が変転した。武将としての秀綱は,武田から惜しまれながら新陰流の修行弘流のため武田家を辞し,1563年(永禄6)より兵法修行者として出郷

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かみいずみひでつな【上泉秀綱】

?~1577?) 室町末期の剣客・軍法家。新陰流の祖。通称、伊勢守。のちに武蔵守信綱。上野の人。諸国を巡り、柳生宗厳むねよし・塚原卜伝に教え、剣聖といわれた。姓は「こういずみ」とも。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の上泉秀綱の言及

【大胡氏】より

…1566年(永禄9)長野氏が武田信玄に滅ぼされると,大胡氏は,一部は上杉氏に属し,一部は武蔵牛込に移り牛込氏を称した。また上泉に住した大胡武蔵守信綱(後に,上泉秀綱となる)は浪人となり,新陰流の剣法を起こした。【峰岸 純夫】。…

【新陰流】より

上泉秀綱(生没年不詳)の創始した剣術流派。戦国時代,愛洲移香(1452‐1538)によって創始された陰流に,鹿島・香取の神道流剣術をも加え,総合して上泉が組み立てた。…

※「上泉秀綱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上泉秀綱の関連キーワード宝蔵院胤栄柳生宗厳愛洲陰流愛洲移香柳生三厳戦国時代神道流法家兵学剣聖

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android