コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上泉秀綱(読み)カミイズミヒデツナ

百科事典マイペディアの解説

上泉秀綱【かみいずみひでつな】

室町末期の武人,剣客。生没年不詳。伊勢守と称し,のち武蔵守信綱と名乗る。上野(こうずけ)の人。初め上野箕輪(みのわ)城主長野氏に仕えたが,箕輪落城後,諸国を巡り京に上って名声を得た。剣法は愛洲陰(あいすかげ)流を学び,のち新陰流を創始。門人に柳生宗厳(むねよし),疋田(ひきた)文五郎,神後伊豆守らがいる。また小笠原流軍学を修め,これは継承されて上泉流軍法と呼ばれた。
→関連項目陰流新陰流塚原卜伝柳生流

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かみいずみひでつな【上泉秀綱】

戦国時代の剣術家。生没年不詳。新陰流の祖であると同時に上泉流兵法学の祖。初め伊勢守,後に武蔵守信綱。永正年間(1504‐21)上州桂萱郷(かいがやごう)上泉(現,前橋市上泉)に生まれる。彼の生涯は戦国動乱の時代で,関東甲信越は群雄が各地に割拠し,互いに攻防を繰り返していた。上泉家は,最初上杉の配下にあり大胡城主であったが,北条,上杉,武田とその支配が変転した。武将としての秀綱は,武田から惜しまれながら新陰流の修行弘流のため武田家を辞し,1563年(永禄6)より兵法修行者として出郷

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かみいずみひでつな【上泉秀綱】

?~1577?) 室町末期の剣客・軍法家。新陰流の祖。通称、伊勢守。のちに武蔵守信綱。上野の人。諸国を巡り、柳生宗厳むねよし・塚原卜伝に教え、剣聖といわれた。姓は「こういずみ」とも。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の上泉秀綱の言及

【大胡氏】より

…1566年(永禄9)長野氏が武田信玄に滅ぼされると,大胡氏は,一部は上杉氏に属し,一部は武蔵牛込に移り牛込氏を称した。また上泉に住した大胡武蔵守信綱(後に,上泉秀綱となる)は浪人となり,新陰流の剣法を起こした。【峰岸 純夫】。…

【新陰流】より

上泉秀綱(生没年不詳)の創始した剣術流派。戦国時代,愛洲移香(1452‐1538)によって創始された陰流に,鹿島・香取の神道流剣術をも加え,総合して上泉が組み立てた。…

※「上泉秀綱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android