コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慈運法親王 じうんほうしんのう

1件 の用語解説(慈運法親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慈運法親王 じうんほうしんのう

1466-1537 戦国時代の僧。
文正(ぶんしょう)元年生まれ。貞常親王の王子。後土御門(ごつちみかど)天皇の猶子となり,曼殊院にはいる。明応4年(1495)門跡(もんぜき)となり,北野社別当に任じられる。享禄(きょうろく)3年二品。天文(てんぶん)2年法性寺(ほっしょうじ)座主をかね,大僧正。和歌,連歌にすぐれた。天文6年6月29日死去。72歳。法名ははじめ良厳。通称は二品僧正。号は松牧子。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

慈運法親王の関連キーワード覚誉万里小路賢房七雄春秋戦国時代戦国文正梅若六郎(1)快尊(1)元理隆雅(2)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone