コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慈運法親王 じうんほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慈運法親王 じうんほうしんのう

1466-1537 戦国時代の僧。
文正(ぶんしょう)元年生まれ。貞常親王の王子。後土御門(ごつちみかど)天皇の猶子となり,曼殊院にはいる。明応4年(1495)門跡(もんぜき)となり,北野社別当に任じられる。享禄(きょうろく)3年二品。天文(てんぶん)2年法性寺(ほっしょうじ)座主をかね,大僧正。和歌,連歌にすぐれた。天文6年6月29日死去。72歳。法名ははじめ良厳。通称は二品僧正。号は松牧子。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

慈運法親王の関連キーワード文正親長卿記グィッチャルディーニパトモス島恩寵の巡礼ノルウェー文学パラグアイ横浜市の要覧寛正鳥谷敬

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone