コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慈雲妙意 じうん みょうい

2件 の用語解説(慈雲妙意の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慈雲妙意 じうん-みょうい

1274-1345 鎌倉-南北朝時代の僧。
文永11年生まれ。臨済(りんざい)宗。無本覚心(むほん-かくしん)(孤峰覚明(こほう-かくみょう)とも)の法をつぎ,正安(しょうあん)元年越中(富山県)東松寺をひらく。嘉暦(かりゃく)2年(1327)後醍醐(ごだいご)天皇に禅要を説いて清泉禅師の号をあたえられる。翌年,同寺は国泰寺と改称され,官寺となった。康永4=興国6年6月3日死去。72歳。信濃(しなの)(長野県)出身。諡号(しごう)は恵日聖光国師。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

慈雲妙意

没年:貞和1/興国6.6.3(1345.7.2)
生年:文永11(1274)
鎌倉後期から南北朝初期の臨済宗法燈派の僧。12歳で越後(新潟県)五智山で出家。心地覚心(法燈国師)の弟子孤峰覚明に参じ,孤峰に指示されて覚心にも参じるが,覚心の命で孤峰の法嗣となった。二十数年の山中修行を経て,国泰寺(高岡市)開山となる。嘉暦2(1327)年後醍醐天皇に宮中で法を問われて禅を説き,紫衣と清泉禅師の号を賜り,翌年国泰寺も北陸出世道場として勅額を受けた。現在国泰寺とその末寺は「国泰寺派」を称し,臨済14派の一として数えられている。のち後光明天皇から恵日聖光国師の号を加諡された。<参考文献>嶋尾正一『清泉禅師―その行録』

(中尾良信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の慈雲妙意の言及

【国泰寺】より

…山号は摩頂山。法灯国師(無本覚心)に参じ,孤峰覚明の法嗣となった慈雲妙意(恵日聖光国師)が,後醍醐天皇の帰依をうけて,1328年(嘉暦3)に越中氷見郡二上山に開創した。尊氏をはじめ歴代足利氏の保護をうけたが,応仁・文明の兵乱で焼失。…

※「慈雲妙意」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

慈雲妙意の関連キーワード正韵摂応晋恒淡海昌敬活山玄旭大覚寺統抜隊得勝法灯派季弘大叔孤峰覚明竜山徳見

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone