コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慧洪 えこうHui-hong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

慧洪
えこう
Hui-hong

[生]煕寧4(1071)
[没]建炎2(1128)
中国,北宋禅僧,詩人。俗姓は喩氏。新昌 (江西省) の人。字,覚範。誣告されて再度投獄されたことがあり,のち隠遁して終った。蘇軾に学んで雄健詩風。また絵画にも長じていた。詩文集『石門文学禅』,著書『冷斎夜話』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

慧洪の関連キーワード成尋阿闍梨母集フィッツオズバーンミカエル7世藤原為房ヤロスラブリ輪田荘実仁親王藤原賢子藤原宗通源能俊

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android