コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶屋定紹 けいおく じょうしょう

1件 の用語解説(慶屋定紹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慶屋定紹 けいおく-じょうしょう

1339-1407 南北朝-室町時代の僧。
暦応(りゃくおう)2=延元4年生まれ。曹洞(そうとう)宗。越中(富山県)光禅寺の明峰素哲(めいほう-そてつ)について出家。素哲の死後,加賀(石川県)大乗寺の徹山旨廓(てつさん-しかく)の法をつぐ。大内義弘にまねかれ,応永3年周防(すおう)(山口県)に禅昌寺をひらいた。応永14年6月20日死去。69歳。能登(のと)(石川県)出身。俗姓は長。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

慶屋定紹の関連キーワード一庵一麟兼国(2)孝信伊達範宗長雅長懐道順(2)道尊(2)益田兼世頼勝

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone