コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶州石窟庵 けいしゅうせっくつあん

百科事典マイペディアの解説

慶州石窟庵【けいしゅうせっくつあん】

韓国,慶州の仏国寺の背後の山頂にある花コウ岩の石窟新羅時代に中国の石窟を模してつくられたもので,円形の内陣の奥に釈迦如来座像を安置し,周壁に十一面観音・羅漢・天部像などを浮彫してある。
→関連項目慶州

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

慶州石窟庵
けいしゅうせっくつあん

韓国(大韓民国)、慶尚北道(けいしょうほくどう/キョンサンプクド)慶州(けいしゅう/キョンジュ)市の吐含山(とがんさん)中腹にある仏教石窟。統一新羅(しらぎ)時代の景徳王10年(751)造営といわれ、新羅石彫美術の最高作品である。花崗岩(かこうがん)切り石を使用し、穹窿(きゅうりゅう)状天井の円形の主室と長方形の前室、両室を結ぶ間道からなる。前室に八部神衆、仁王像(におうぞう)、間道に四天王像が陽刻されている。主室は、中央に高さ3.26メートルの釈迦如来(しゃかにょらい)坐像があり、周囲壁面に十一面観音、羅漢像が陽刻され、上部の龕室(がんしつ)に仏像が安置されている。1995年、仏国寺とともに世界遺産の文化遺産(世界文化遺産)に登録された。[定森秀夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の慶州石窟庵の言及

【石窟庵】より

…韓国,慶尚北道慶州市,仏国寺の背後の吐含山頂にある石窟寺。新羅景徳王10年(751)宰相金大城が仏国寺の付属石窟として建造したと伝える。自然の巨石を背にして花コウ岩を積み上げて築いた石窟で,内部は前室・扉道・主室の3室からなる。ドーム状に築き上げた主室には,本尊丈六釈迦像を安置し,周囲の構成は格狭間(こうざま)をもつ須弥壇上に,仏像の浮彫をパネル状に円形に並べ,上方ドーム下に10の仏龕(ぶつがん)を設け,本尊の後壁と天井には大蓮花を施す。…

※「慶州石窟庵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

慶州石窟庵の関連キーワードキョンサンプクド慶州(大韓民国)石造建築石窟寺院石仏

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android