立憲政治(読み)リッケンセイジ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立憲政治
りっけんせいじ
constitutional government

人権保障と民主的政治制度を規定した憲法に基づいて行われる政治。17世紀末のイギリス名誉革命後に成立した近代国家において確立された政治運営の方式。
 第一次世界大戦前のプロシア(ドイツ)や戦前の日本も憲法をもち、その意味で両国の政治は立憲政治とよばれたが、両憲法とも人権保障が十分でなく、国王や天皇に強大な大権が与えられ、議会の権限がきわめて弱かったから、政治の実態は真の意味での近代的立憲政治とはいえなかった(外見的立憲主義)。したがって、立憲政治が真に民主的なものであるためには、人権保障が憲法上明文化されていることはもちろんのこと、まず、国民主権主義を基礎にした議会が国権の最高機関としての地位を与えられ、国民に成年男女による普通・平等選挙権が保障されていること、イギリスの議院内閣制のように内閣が議会を基礎に形成され、行政の責任を議会に負う政治運営方式が確立されていること、あるいはアメリカの大統領制のように、行政府の長である大統領が国民の選挙を基礎に選出され、立法・司法・行政の間の三権分立が確立されることによって専制政治への危険性が防止されていることなどが最低の条件として要求されるであろう。戦後日本でも、人権保障と民主的政治制度が日本国憲法によって明文化されているので、立憲政治が確立されたといえよう。[田中 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

りっけん‐せいじ ‥セイヂ【立憲政治】

〘名〙 三権分立の原則を認めた憲法に基づいて行なわれる政治。政治権力の無制限な行使を抑え、個人の人権や自由を守ることを目的とする。イギリスの場合が典型的とされている。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「欧洲に於ては、立憲政治を協定して、其昇平を保護することとなれり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

立憲政治の関連情報