懐抱(読み)カイホウ

デジタル大辞泉の解説

かい‐ほう〔クワイハウ〕【懐抱】

[名](スル)
ふところに抱くこと。抱きしめること。抱擁。
ある思いや計画などを心の中に持つこと。また、その思いや計画。抱懐。
「何等の意見をも―しておられないということは」〈鴎外・懇親会〉
ふところ。
「同じく父母の―を出て、浮沈を共にし」〈太平記・三〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいほう【懐抱】

( 名 ) スル
抱きかかえること。多く男女が抱き合うことをいう。抱擁。 「あはれ、美しき海原よ。汝は我を-し我をゆり動かして/即興詩人 鷗外
常に胸中にいだく思い。心に思うこと。 「貧民個々の希望を-し/日本風景論 重昂
ふところ。 「同じく父母の-を出て浮沈を共にし/太平記 30

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐ほう クヮイハウ【懐抱】

〘名〙 (「かいぼう」とも)
① (━する) 腕をまわして抱きしめること。特に、男女の抱擁をいう場合が多い。〔宮事縁事抄‐長保五年(1003)八月一九日・八幡大菩薩宇佐宮司解案〕
※今昔(1120頃か)一四「帝王、其の女を召て、一夜、懐抱し給ひにけるに」 〔後漢書‐陳忠伝〕
② ふところ。
※太平記(14C後)三〇「同く父母の懐抱(クヮイバウ)を出て浮沈を共にし」
※江戸繁昌記(1832‐36)三「一医生至る。懐抱より数冊を取り出だして曰く」 〔潘岳‐寡婦賦〕
③ (━する) ふだんから、心の中に悩み・考え・計画・望みなどを持つこと。また、持っているその思い。
※懐風藻(751)春日翫鶯梅〈葛野王〉「対此開懐抱、優足愁情
※太平記(14C後)一「七月七日、今夜は牽牛織女の二星、烏鵲橋(うじゃくのはし)を渡して、一年の懐抱(クヮイバウ)を解く夜なれば」 〔謝霊運‐擬魏太子鄴中集詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android