コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛野王 かどののおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

葛野王 かどののおう

669-706* 飛鳥(あすか)時代,大友皇子(弘文天皇)の王子。
天智(てんじ)天皇8年生まれ。天智天皇の孫。母は十市(とおちの)皇女。持統天皇10年(696)皇太子決定をめぐり紛糾した際に,兄弟ではなく子孫相承を説いて故皇太子草壁皇子の王子軽皇子(のちの文武天皇)を支持。持統天皇から正四位上をさずけられ,式部卿となった。慶雲(きょううん)2年12月20日死去。37歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

葛野王

没年:慶雲2.12.20(706.1.9)
生年:天智8(669)
奈良時代の皇族で文人。天智天皇の孫で大友皇子の長子。母は天武天皇の皇女十市内親王。『懐風藻』に詩が2首残されている。学問を好み,文章を書くことを愛し,かつ絵画もよくしたという。持統10(696)年高市皇子が没したのち,持統天皇が後継者を群臣に諮問したおり議論が紛糾した。そのとき王が直系の子孫に皇位を伝えるべきことを述べ,暗に文武の立太子を示唆する発言を行って議論を収めたという。官人としての経歴は治部卿,式部卿を歴任した。没したときの位階は正四位上,子に池辺王,孫に淡海三船がいる。<参考文献>荒木敏夫『日本古代の皇太子』

(鬼頭清明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かどののおう【葛野王】

669‐705(天智8‐慶雲2)
飛鳥時代の皇族。天智天皇の子大友皇子と天武天皇の女十市(とおち)皇女の間に生まれた。《懐風藻》によると,王は大友皇子の長子で,685年(天武14)正月以後まもなく,皇族最下位の浄大肆(じようだいし)を授けられ,治部卿に任じられた。696年(持統10)7月太政大臣高市(たけち)皇子の没後,宮中で皇太子を決めるための会議が開かれた。群臣から多くの意見がでて紛糾したとき,王は〈日本は神代以来子孫が皇位を継承してきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の葛野王の言及

【道教】より

…すなわち天皇は684年(天武13)に〈八色(やくさ)の姓(かばね)〉を定めて,その第1位と第5位に道教の神学用語である〈真人〉と〈道師〉を用い,死後にはその諡(おくりな)に道教の神仙信仰をそのまま表す〈瀛真人(おきのまひと)〉の3字が用いられている(真人)。またその皇子である忍壁(おさかべ)は《万葉集》巻九に載せる柿本人麻呂の〈忍壁皇子に献る歌――仙人の形を詠む〉によれば,神仙の信仰もしくは強い関心の持ち主であったことが推定され,同じく皇女の十市の男子である葛野(かどの)王は,吉野の北東にある〈竜門山に遊ぶ〉と題する漢詩を《懐風藻》に載せて,〈安(いずく)にか王喬の道を得て 鶴に控(たずな)して蓬瀛(ほうえい)に入らん〉と歌っている(〈王喬〉は神仙の名。〈蓬瀛〉は神仙の島の名)。…

※「葛野王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

葛野王の関連キーワード中臣鎌足葛野王大神高市麻呂レッドデータブックファミリー・サポート・センター事業長州出島嘱託警察犬ユネスコエコパーク興福寺シュマルナ山

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone