懸想文売り(読み)ケソウブミウリ

百科事典マイペディアの解説

懸想文売り【けそうぶみうり】

懸想文は思う人にやる文のこと。昔京都で正月初めに,頭を白布でおおい,文を結びつけた梅の小枝を手に持って売り歩き,未婚の女などがこれを買い良縁を占った。のちには畳紙(たとうがみ)に米2,3粒を包んで渡し,望むままに夫婦や商売の祝言(ほがいごと)をのべた。17世紀後半ごろまであった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

けそうぶみうり【懸想文売り】

近世、「懸想文」を売り歩いた者。覆面をして赤い衣装をつけ、古くは烏帽子えぼしを、のちに編み笠をかぶった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

懸想文売りの関連情報