コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懸想文 ケソウブミ

デジタル大辞泉の解説

けそう‐ぶみ〔ケサウ‐〕【懸想文】

懸想の気持ちをつづった手紙。恋文。艶書(えんしょ)。
江戸時代、正月に、京都などで懸想文売りが売り歩いたお札。恋文に似せて縁起を祝う文が書いてある。これを買うと良縁が得られるとされた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けそうぶみ【懸想文】

恋慕の情を書きつづった手紙。恋文。艶書えんしよ
近世、正月に京都の町などで売られたお札。艶書に似せて、縁起を祝う文句が書いてある。 [季] 新年。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

懸想文の関連キーワードウマル・ブン・アビー・ラビーア艶書合わせ・艶書合せ艶書合せ包み文門付近世優文恋慕艶書色文

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android