コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安寧天皇 あんねいてんのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安寧天皇
あんねいてんのう

第3代に数えられる大和朝廷の天皇。名はシキツヒコタマデミノミコト。綏靖天皇の皇子,母はイスズヨリヒメノミコト。大和片塩浮穴宮に都し,皇后はヌナソコナカヒメノミコトという。陵墓は奈良県橿原市吉田町の畝傍山西南御陰井上陵。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あんねい‐てんのう〔‐テンワウ〕【安寧天皇】

記紀で、第3代の天皇。綏靖(すいぜい)天皇の第1皇子。名は磯城津彦玉手看(しきつひこたまでみ)。皇居は片塩浮穴宮(かたしおのうきあなのみや)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安寧天皇 あんねいてんのう

記・紀系譜による第3代天皇。
父は綏靖(すいぜい)天皇。母は五十鈴依媛命(いすずよりひめのみこと)。伝説上の人物ともいわれる。「日本書紀」によると,都は片塩(かたしお)の浮孔(うきあなの)宮。安寧天皇38年12月6日死去。57歳。墓所は畝傍山西南御陰井上陵(うねびやまのひつじさるのみほどのいのえのみささぎ)(奈良県橿原市)。別名は磯城津彦玉手看天皇(しきつひこたまてみのすめらみこと)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

安寧天皇

『古事記』『日本書紀』に第3代と伝えられる天皇。『日本書紀』によれば綏靖天皇と事代主神の娘,五十鈴依媛命との間に生まれた。磯城津彦玉手看天皇という。綏靖天皇を倭の桃花田丘上陵に葬り,片塩(大和高田市)に浮孔宮を営んだ。弟の磯城津彦命は猪(豚)の飼育を職掌とした猪使(養)連 の始祖と伝えられる。

(大平聡)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

あんねいてんのう【安寧天皇】

記紀所伝の第三代天皇磯城津彦玉手看尊しきつひこたまてみのみことの漢風諡号しごう。綏靖すいぜい天皇の皇子。都は大和の片塩浮孔宮かたしおのうきあなのみや

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安寧天皇
あんねいてんのう

記紀に第3代天皇とする。『日本書紀』によれば磯城津彦玉手看尊(しきつひこたまてみのみこと)といい、綏靖(すいぜい)天皇の第1皇子、母は五十鈴依媛命(いすずよりひめのみこと)。綏靖天皇25年立太子、同33年父の死を受けて即位、翌2年大和(やまと)国片塩浮孔(かたしおのうきあな)宮に遷都、3年渟名底仲媛命(ぬなそこなかつひめのみこと)を皇后とし、在位38年、57歳(『古事記』には49歳)で没したという。しかし、津田左右吉(そうきち)、水野祐(ゆう)らの研究により、今日では伝説史上の架空の天皇と考えられている。[井上幹夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

安寧天皇の関連キーワード渟名底仲媛命日御碕神社河俣毘売息石耳命懿徳天皇小野神社葛城

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android