コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成り合ふ(読み)ナリアウ

デジタル大辞泉の解説

なり‐あ・う〔‐あふ〕【成り合ふ】

[動ハ四]
でき上がって整う。整った姿になる。
「まだ―・はぬ仏の御飾りなど見給へおきて」〈・東屋〉
成長する。成熟する。
「かた生ひの―・はぬほどともなく」〈夜の寝覚・五〉
互いに連絡して一緒になる。
「御方の者どもが敵と―・ひて後ろ矢を射るよと」〈太平記・一五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なりあう【成り合ふ】

( 動四 )
完成する。出来上がる。 「汝が身の-・はざる処にさし塞ぎて、国土くにを生み成さむとおもふはいかに/古事記 上訓
成長する。成熟する。 「まだ幼く、-・はぬ人をさし越えて/源氏 東屋
協力する。結託する。 「葛山は、平一揆の者共畠山と-・ひて、夜打に寄せたりと騒ぎ/太平記 37

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android