寄居(読み)キキョ

  • よりい
  • よりい ‥ゐ
  • よりい〔ゐ〕
  • 地名

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)他人の家に一時身を寄せること。寄寓(きぐう)。寄食。「先輩の家に寄居する」
近世初頭の兵農分離により、城主農村を離れて城下町に移ってのち、農民だけの集落として残ったもの。
埼玉県北部、大里郡の地名荒川秩父山地から関東平野に出る谷口に位置する。もと城下町。鉢形城跡などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 他人の家に身を寄せること。寄寓。寄食。
※興津彌五右衛門の遺書(1913)〈森鴎外〉「壮年に及びて〈略〉佐野官十郎方に寄居(キキョ)いたし居候」 〔漢書‐息夫躬伝〕
[1] 〘名〙
① (━する) 物によりかかること。また、近寄ってすわること。
※夜の寝覚(1045‐68頃)二「あなたの格子の面によりゐよりゐし給ふなかにも」
② 中世の城下町が、城主の衰滅のために農村に変じて一集落をつくったもの。
③ 城塞。
※上杉家文書‐永祿一二年(1569)三月二七日・沼田三人衆連署状「如其賀野之寄居へ之説も同前御座候」
[2] 埼玉県北西部の地名。荒川が秩父山地から関東平野に出る地点に形成された谷口集落。中世、上杉氏の家臣藤田氏の城下町として発展。JR八高線、秩父鉄道、東武東上線が通じる交通の要衝。鉢形城跡などがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寄居の関連情報