我にもあらず(読み)われにもあらず

精選版 日本国語大辞典「我にもあらず」の解説

われ【我】 にも=あらず[=なく]

① 自分であるという気がしない。人ごこちがしない。うわの空で。無我夢中で。無意識のうちに。思わず知らず。
※竹取(9C末‐10C初)「御子はわれにもあらぬけしにて、きもきえゐ給へり」
煤煙(1909)〈森田草平〉八「要吉はにもなくその手を執った」
② 自分の本心からではなく。不本意ながら。やむをえず。しぶしぶ。
今昔(1120頃か)二六「俄に荒き風出来て、澳(おき)の方へ吹持行けば、我にもで流れ行ければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「我にもあらず」の解説

われにもあら◦ず

われを忘れて。無我夢中で。
「―◦ず言い訳しようとしたのを」〈康成伊豆の踊子
自分であるという気がしない。人心地がしない。
「御子は―◦ぬけしきにて」〈竹取
本心からでなく。しぶしぶ。
「いたく乞ひければ、―◦で取らせたりければ」〈宇治拾遺・一四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android