コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

我空 がくう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

我空
がくう

大乗仏教の根本思想である二空の一つ。人空,生空,人無我,衆生無我ともいう。一切の生類に心身があるとしても,色受想行識の五蘊 (ごうん) の集ったもので,実体としての自我というものはないとする見解。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

が‐くう【我空】

仏語。人間の身心は因縁によって仮に生成したものであり、永久不変の我がそこにあるのではないということ。人無我。→法空(ほっくう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がくう【我空】

人間の肉体や精神は、因縁和合によってできた仮のもので、永久不変の実体的根拠である我を持つものではない、とする仏教の考え。人空。 → 法空ほつくう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

我空の関連キーワード説一切有部跡を隠す大乗仏教成実宗把住豊饒法空

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

我空の関連情報