コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法空 ホウクウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

法空 ほうくう

?-? 平安時代後期の僧。
大和(奈良県)法隆寺顕教(けんぎょう)と密教をまなび,昼夜法華(ほけ)経をとなえた。のち郷里下野(しもつけ)(栃木県)にかえり,洞窟(どうくつ)にこもって修行した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうくう【法空】

ほっくう【法空】

〘仏〙 〔「ほうくう」とも〕 すべての事物は、因縁によって生じたものであって、実体性をもたないということ。小乗仏教が人空のみを説くのに対し、大乗で強調される。二空の一。法無我。 → 我空人空にんくう

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

法空の関連キーワード般若心経/漢訳文海東高僧伝小乗仏教成実宗空手我空二空人空仏語

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法空の関連情報