コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸ノ口原 とノくちはら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戸ノ口原
とノくちはら

福島県中央部,猪苗代湖の北西岸を占める猫魔ヶ岳の泥流からなる台地。別称大野原会津若松市に属する。日橋川の流出地点の西側にあり,慶応4 (1868) 年会津戦争で敗れ,飯盛山で自決した白虎隊の奮戦地として知られる。日橋川の出口を締める十六橋水門は戸ノ口堰,布藤堰の取水口で,南方に広がる赤井湿原のミズバショウホロムイイチゴエゾリンドウなど亜寒帯湿原植物群落は赤井谷地沼野植物群落として国の天然記念物に指定されている。一部は磐梯朝日国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戸ノ口原の関連情報