コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日橋川 にっぱしがわ

5件 の用語解説(日橋川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日橋川
にっぱしがわ

福島県中央部,猪苗代湖の北西岸から流出する川。全長約 37km。銚子ノ口から西流し,穿入蛇行会津盆地に出て喜多方市南東部で大川を合流,同市南西部で只見川を合わせて阿賀川 (→阿賀野川 ) となり,日本海に注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にっぱし‐がわ〔‐がは〕【日橋川】

福島県西部を流れる川。猪苗代湖北西部の銚子(ちょうし)ノ口付近から流れ出し、会津盆地中央部の喜多方市で阿賀川に合流する。長さ約25キロ。猪苗代湖から流出する唯一の川。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にっぱしがわ【日橋川】

福島県会津地方を流れる阿賀野川の支流。猪苗代湖北西岸,戸ノ口の銚子ノ口と呼ばれる排出口より流下し,翁島泥流丘陵に峡谷をうがち会津盆地中央部,塩川町の西で阿賀野川本流に合する。延長25.4km。かつては下流の只見川との合流点までも日橋川と呼んだ。川の水は,布藤(ふとう)堰や駒形堰など近世に設けられた用水路により,会津盆地北西部の灌漑に利用されている。また,湖面と盆地の落差が約300mもあるため,これを利用して大正期以降に猪苗代第1~第4発電所など6水力発電所がつくられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕日橋川(にっぱしがわ)


福島県西部、猪苗代(いなわしろ)湖北西岸の銚子ノ口(ちょうしのくち)から流出し、会津(あいづ)盆地中部で阿賀野(あがの)川(大(おお)川とも)合流する川。猪苗代湖から流出する唯一の自然河川。1級河川(阿賀野(あがの)川水系)。豊富な水量と急流を利用し、猪苗代第1~第4発電所があり、近くに金属精錬などの電力依存型工場が立地する。堂島(どうじま)川とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日橋川
にっぱしがわ

福島県中央西部、猪苗代(いなわしろ)湖北西部の銚子(ちょうし)ノ口から会津(あいづ)盆地方面へ流出し、盆地のほぼ中央部で阿賀(あが)川に合流する川。延長約20キロメートル。猪苗代湖と会津盆地との比高約300メートルを利用して大正期に猪苗代第1~第4発電所が階段状につくられた。灌漑(かんがい)用の戸ノ口堰(とのくちぜき)、布藤(ふとう)堰、日橋堰などの用水路もこの川から引かれている。上流部は翁島(おきなじま)泥流丘陵を峡谷をつくって流れ、典型的な掘削曲流路となっている。[中村嘉男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の日橋川の言及

【会津盆地】より

…北部と南部は山麓線が複雑で,盆地の陥没性を物語っている。南会津の山岳地帯を流下した阿賀川(大川)は,盆地南東隅より大型のゆるい扇状地をつくって北流し,これに並行する湯川や鶴沼川,東方の猪苗代湖から流出する日橋(につぱし)川,盆地北部からの大塩川,田付川,濁川などの水を集め,会津坂下(ばんげ)町北西部でみごとな穿入(下刻)曲流地形を形成して流下する。これらの河川により盆地は未固結の堆積物で厚くおおわれ,阿賀川と日橋川の合流点付近では沖積層の厚さが100m以上と推定されている。…

※「日橋川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日橋川の関連キーワード阿賀川阿賀野川大川只見川福島県会津若松市飯盛福島県南会津郡南会津町糸沢福島県会津若松市上町福島県会津若松市大町福島県会津若松市河東町広野阿賀錦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日橋川の関連情報