コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸川昌子 トガワマサコ

3件 の用語解説(戸川昌子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とがわ‐まさこ〔とがは‐〕【戸川昌子】

[1933~ ]推理作家。東京の生まれ。本姓、内田。会社勤務ののち、シャンソン歌手を経て「大いなる幻影」で江戸川乱歩賞を受賞、作家生活に入る。「猟人日記」は官能的描写で話題となる。他に「蜃気楼(しんきろう)の帯」「蒼(あお)い蛇」「火の接吻(せっぷん)」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸川昌子 とがわ-まさこ

1933- 昭和後期-平成時代の推理作家。
昭和8年3月23日生まれ。タイピストとして会社勤務ののち,シャンソン歌手になる。昭和37年サスペンス「大いなる幻影」で江戸川乱歩賞をうけ,作家生活にはいる。「猟人日記」「蜃気楼(しんきろう)の帯」と話題作を発表するほか,タレント,クラブ経営など多方面に活躍。東京出身。千歳高卒。本名は内田昌子。作品はほかに「蒼い蛇」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸川昌子
とがわまさこ
(1933―2016)

推理作家。東京生まれ。千歳(ちとせ)高校卒業後、タイピスト、シャンソン歌手を経て、1962年(昭和37)『大いなる幻影』で江戸川乱歩賞を受賞、作家生活に入る。翌年大胆な性描写が話題となった『猟人日記』を発表。『猟人日記』は、直木賞候補にもなり、1964年中平康(こう)監督で映画化された。いずれもトリックの巧妙なサスペンス小説で、よく練られたプロットの妙が効果をあげている。『蜃気楼(しんきろう)の帯』(1967)はアフリカを舞台にした意欲的な国際事件小説である。その後の作品はしだいにミステリー色が薄れ通俗的風俗小説に近づき、『赤い暈(かさ)』『蒼(あお)い蛇』『夢魔(むま)』(いずれも1969)、『透明女』(1971)などを著す。作家活動以外でも、テレビのワイドショーのコメンテーターを務めたり、1967年に東京・渋谷にシャンソンの店「青い部屋」を開いたり(2000年に「新旧文化の融合」の場とすべくリニューアル)、歌手としても「リリー・マルレーン」(1975)を発表するなど、多彩である。46歳での高齢出産、還暦離婚などでも、話題になった。1984年、久しぶりの長編ミステリー『火の接吻(せっぷん)』が刊行された。[厚木 淳]
『『戸川昌子傑作シリーズ』1~4(1965~1966・講談社) ▽『落第ママでも子は育つ』(1986・国際文行社) ▽『還暦離婚――いくつになっても再出発』(1995・文春ネスコ) ▽『大いなる幻影/猟人日記』『白昼の密猟』『蜃気楼の帯』(講談社文庫) ▽『女人白道』『銀座「どん底」付近』『赤い暈』『蒼い蛇』『続・蒼い蛇』『夢魔』『狩りの時刻』『夜の爪痕』『透明女』『美しき獲物たち』(徳間文庫) ▽『火の接吻』(扶桑社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戸川昌子の関連キーワード平政子戸川稲垣昌子香川昌子京塚昌子竹田宮妃昌子戸川正安戸川友林福田昌子譲原昌子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戸川昌子の関連情報