コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

爪痕 ソウコン

デジタル大辞泉の解説

そう‐こん〔サウ‐〕【爪痕】

つめをたてたり、つめでひっかいたりしたあと。つめあと。

つめ‐あと【爪痕】

爪でかいた傷あと。「猫の爪痕
天災や戦争などが残した被害や影響。「台風の爪痕
[補説]近年、「痕を残す」という言い方で、本来の意味とは異なる「成果をあげる」「印象づける」「一矢を報いる」などの意味で用いられることがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうこん【爪痕】

つめでひっかいたあと。つめあと。

つめあと【爪痕】

爪でかいた傷あと。
災害や事件などが残した被害のあと。 「台風の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

爪痕の関連キーワードLittleGleeMonsterスミス(Kiki Smith)コベントリー大聖堂トヤマサウリプスコベントリー退廃芸術展戦争の痕跡呪わしい呉 民民戸川昌子疫病史前島密台風扼死惨烈爪印

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

爪痕の関連情報