房州びわ

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

房州びわ[果樹類]
ぼうしゅうびわ

関東地方、千葉県の地域ブランド。
南房総市・館山市・安房郡鋸南町で製作されている。初夏の味覚。長崎の茂木びわが中粒であるのに対し、房州のびわは大玉系品種が主である。果肉にはみずみずしさがある。5月にハウスびわ、6月に露地びわが収穫される。2007(平成19)年3月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5029823号。地域団体商標の権利者は、安房農業協同組合。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android