コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

所狭し トコロセシ

デジタル大辞泉の解説

ところ‐せ・し【所狭し】

[形ク]
場所が狭い。いっぱいで余地がない。
「小さき屋ども作り集めて奉り給へるを、―・きまで遊び広げ給へり」〈紅葉賀
堂々としている。
「さるおほのかなるものは、―・くやあらむ」〈・九七〉
気づまりである。窮屈である。
「かくよろづに―・き身を」〈狭衣・一〉
取り扱いにくい。やっかいである。
「箏(さう)の琴は中の細緒の堪へがたきこそ―・けれ」〈・紅葉賀〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ところせし【所狭し】

( 形ク )
空間を物が占めていて、場所が狭い。いっぱいだ。残された余地が少ない。 「屯食とんじき、禄の唐櫃どもなど、-・きまで/源氏 桐壺
精神的に窮屈だ。気づまりだ。 「(天皇トイウ)よろづ-・き御ありさまよりは、なかなか安らかに/増鏡 おどろの下
堂々としている。重々しく立派である。 「いで給ふ気色-・きを、人々端に出て見奉れば/源氏 紅葉賀
おおげさだ。仰山だ。大層だ。 「ただ近き所なれば、車は-・し/堤中納言 はいずみ
扱いにくい。めんどうだ。難儀だ。うっとうしい。 「雨降り出でて-・くもあるに/源氏 末摘花

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

所狭しの関連キーワードピート タウンゼントションベン横丁の火災バッファロー吾郎トップリード玩び・弄びバルハラ新妻悠太和賀勇介王光墓所・処浅草

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

所狭しの関連情報